セミナーハウス・プロジェクトアドベンチャー(SPA)

SPAプログラム(セミナーハウス・プロジェクトアドベンチャー)の料金
         (2019年4月1日から)

(税込)

 
  協力会員
準協力会員
教育団体
 
賛助会員 企業・社会人
SPAコース使用料
(1時間)
宿泊利用 無料 6,000円
日帰り利用 6,000円
SPAプログラム指導料
(1グループ)
半日(3時間以内) 無料 15,000円 18,000円
1日(6時間以内) 無料 18,000円 23,000円
研修室料   料金表の通り
(1)SPAコース使用料は、SPAプログラムの実施時間とセットです。利用時間帯は、原則として午前9時から午後5時までです。
(2)SPAプログラム指導料は、1グループ1日あたりの料金です。1グループは14~15人くらいが最適ですが、ご相談に応じて調整できます。
(3)研修室料は、「大学セミナーハウスの料金表」の通りです。研修室は、SPAコースとセットで必ず予約してください。
(4)宿泊利用とは、大学セミナーハウスで宿泊してご利用する場合で、日帰り利用とは、宿泊を伴わないご利用です。
(5)教育団体とは、協力会員・準協力会員以外の小中高等学校、専門学校、大学等の児童・生徒・学生及び教職員から構成される団体です。
(6)日帰り利用の予約は、3か月前からです。
(7)SPAコースの利用者は、必ず保険に加入してください。セミナーハウスで斡旋する保険でも、ご利用団体の保険でも結構です。
(8)SPAコース使用料・指導料・研修室料のキャンセル料は、前日50%・当日100%いただきます。
 

SPAコースのみの料金

SPAファシリテータ以外の指導者がSPAコースを使用する場合には、次の条件を満たしていることが必要です。
・指導者は、PAJ主催のAP講習を受講していること。複数の指導者がいる場合には、全員がAP受講を受講していること。
・指導者は、事前にセミナーハウスのスタッフから現地でLOPの説明を受け、その内容を理解した方に限ります。
SPAコースだけのご利用(人数に応じた指導者は必要です)は、下表のとおりです。
                         (税込)  
 SPAコース使用料(1時間) 6,000円
 安全管理費(1回)※ 20,000円
 用具  
  PAパックバッグ(1日) 2,000円
  サイクルタイムパズル(1日) 2,000円
  くもの巣(1日) 2,000円
※安全管理費は、SPAコースの施設の点検と活動上の安全を確認するための費用です。

ゼミ合宿の活性化、仲間づくり、学びの場づくり

SPAプログラムのねらい

セミナーハウス・プロジェクトアドベンチャー(SPA)プログラムの 狙いは、蓄積されている膨大な知識情報を吸収するだけではなく、知識を活用する場を体験することによって現代社会が抱える問題の解決に知識を活用できる力を育てることです。
 

プログラムの特色

5つの「C」をキーワードにプログラムを展開します。
Challenge
 居心地のよい場から一歩踏み出す、挑戦する。
Consider
 他者との違いに気づく。仲間への思いやりをもつ。
Commit
 主体的に関わり、グループや他者に影響を与える。
Create
 現状を分析し、正解のない課題に取り組む。
Communicate
 仲間の意見を聞き、自分の思いをしっかり伝えることで仲間と連携する。

活動の内容

チームトライアングル

グループでアドベンチャーに挑戦し、メンバーと一緒に課題を解決していくプロセスの中で一人ひとりの成長を促します。
アドベンチャーとは、激流をボートで下ったり、断崖絶壁を登るような危険を伴う「冒険」ではなく、ハラハラ、ドキドキするような日常体験のなかで自分の殻を破ることです。

 参加者の声へ>

プログラムの活用

全学横断プログラムの関係づくり――中央大学のファカルティリンケージ・プログラム(FLP)

少年サッカークラブ

・ゼミ・研究会の学生間、学生と教員の関係作り
・クラブ・サークルのメンバー間の協力意識向上
・入学前教育/初年次教育での「仲間作り」
・体育会系クラブのチーム力の向上
・青少年団体などの信頼関係の構築
・就職活動に向けての社会人基礎力育成
・教員志望者のためのクラス運営
・教職協働のFD・SDプログラム
・企業内での良好な人間関係の構築、チーム作り
・仕事におけるモチベーションの向上
・リーダー育成のためのプログラム
・少年サッカークラブのチームビルディング

体験動画公開中