留学生支援

はじめに

大学セミナーハウスは2005年に留学生支援事業をスタートしました。その年キャンパス内に留学生寮として建設された留学生会館では多くの留学生の生活支援を積極的に推進してきました。
また、2009年から留学生論文コンクールを開催し、日本語による論文作成能力の向上と国際相互理解及び国際交流の促進に寄与してまいりました。
2009年から実施しております。(2011年は東日本大震災により中止)
主題は「グローバルイシューを考える」とし、副題として内容をわかりやすく示した題をつけていただいています。
当事業は、留学生の日本語による論文作成能力を向上させる機会を提供するとともに、日本留学の成果を発信し、国際相互理解及び国際交流を促進することを目的としています。

2022年度の論文募集は未定です。
詳細が決まり次第発表いたします。
留学生論文コンクールの受賞者に方々に参加していただき、第1回目の座談会を開催しました。
コロナの感染を防ぐため、またすでに学業を終了し帰国された方に海外からご参加頂けるよう、Zoomを用いたオンラインでの開催としました。
入居をご希望の方へ詳細をご案内します。
手続きに必要な書類もこちらからダウンロードできます。
公益財団法人大学セミナーハウスは、開館40周年を期に構内の一角に「留学生会館」を建設しました。これまでの大学間交流事業を更に一歩進め、留学生に宿舎を提供しながら、この「出会いの丘」で国際交流を深めようとするものです。