セミナー・イベント

テーマ:「EUの連帯とコロナ危機」、開催日:9月25日(土)~26日(日)、Zoomを用いたオンラインで開催いたします
 

日 程 2021年9月25日(土)~26日(日)
開催形式 Zoomを用いたオンラインセミナー
参加費 会員校学生1,500円、一般校学生2,500円、講師ゼミ生1,500円、社会人8,000円
※学生は大学院生、学部学生、留学生、研究生を含みます。
※資料代、消費税を含みます。
※会員校リストはこちらへ
会 場 Zoomミーティングルーム
申込方法 お申し込みはこちらから
申込締切 2021年9月20日(月)
主催 公益財団法人 大学セミナーハウス
後援 欧州連合駐日代表部
●当法人は新型コロナ感染症対策として様々な取り組みを行っております。
 詳しくはこちらをご覧ください。

【開催趣旨】

新型コロナウィルスの感染が世界を席巻しました。医学の発達した今世紀、これほどの広範な感染拡大は想像もできなかったことです。ウィルスの猛威を前にnew normalという新たな言葉まで生まれました。それは日常生活から国際秩序に至るまでの価値観や行動様式の変化をもたらすかもしれません。そうした中でのBREXITは予定通りに進むのか。欧州経済の立ち直りのカギはどこにあるのか。そして欧州統合はどこに向かうのか。EUの連帯が試されます。(企画委員長渡邉啓貴 )

【特別講演】

テーマ:EUと日本・アジアの関係(EU-Japan/Asia Relations)
講演者:欧州連合駐日代表部公使 / 副代表:ハイツェ・ジーメルス
(Mr. Haitze Siemers Minister, Deputy Head of the Delegation)

【分科会】

<第1分科会>コロナ危機とEUの経済政策
 田中 素香(中央大学経済研究所客員研究員・東北大学名誉教授)
太田 瑞希子(日本大学経済学部准教授)

主旨:EU加盟国の新型コロナ危機のダメージは21年春時点でもなお厳しい。経済は大きく落ち込み、財政赤字も膨らんでいる。EUは昨年7500億ユーロ(約100兆円)の復興基金(RRF)の創設を決めた。欧州委員会が公債を発行して資金を調達して加盟国に配分しグリーン化・デジタル化で経済構造を変革し、併せて格差縮小などにも挑戦しながら経済復興をはかる計画である。第1分科会では、新型コロナ危機以降のEU経済と復興の経済政策を考察する。加盟国を個別に取り上げると共に、過去10年余りのEU統合の歩みに照らして現状の意味を認識するようにしたい。
●第1分科会事前課題
第1分科会参加者は、紹介された資料以外に、各自の裁量で予習、準備をして欲しい。インターネットを使って最新の論文、評論を検索し、自分の意見をとりまとめて、セミナーで議論を重ねます。各自、参考資料および自分で収集した情報をベースに、グリーン復興、または各国の新型コロナ対策と各国経済、からテーマを選び、レジュメ形式あるいは論文形式にて自分の見解を整理したものを提出して欲しい(グループでまとめても構わない)。初日に、資料の提出・報告をしてもらいます。

<第2分科会>EUの連帯と感染症政策とカバナンスの変容
 福田 耕治(早稲田医学政治経済学術院教授)
 武田 健(青山学院大学国際政治経済学部准教授)

主旨:本分科会は、EUの保健・医療・公衆衛生政策と越境感染症問題に焦点を当てる。新型コロナウィルスの感染の広がりを受け、EUは加盟各国のヘルスケアシステムへのサポート、域外からのEU市民の帰還支援、ワクチンの開発支援や輸出体制の整備、越境感染予防のための政策などに着手した。域外に向けても、途上国に対する医療上の人員、物資、資金の提供、ワクチンの広範な供給のための国際的な枠組みであるCOVAXへの協力も行っている。本分科会では、EUのそれらの対応策がこれまでにどれほどの効果を見せているのかを考察する。そしてEUはこの危機をどのように乗り越えていくことができるのかを考察したい。

<第3分科会>コロナ危機後のEUと国際秩序
 小久保 康之(東洋英和女学院大学国際社会学部長・教授)
 渡邊 啓貴(帝京大学法学部教授・東京外国語大学名誉教授)

主旨:コロナ危機は国際秩序にどのような影響をもたらすのであろうか。各国が自国防衛に走り、国際協調の流れは押し留められるのか。いち早く感染終息を宣言している中国は新たな国際秩序の中でどう振る舞うのであろうか。経済活動への影響は、国際秩序にどのような力関係の変容をもたらすのであろうか。そのようなコロナ危機の中で、EUは内部の連帯を維持し、国際社会への影響力を保持していけるのか。皆さんと議論したいと思います。

<第4分科会>欧州グリーンディール
 蓮見 雄(立教大学経済学部教授)
 中西 優美子(一橋大学大学院法学研究科教授)

主旨:欧州グリーンディールは、2050年までに温室効果ガス排出ゼロを目指す気候変動政策であると同時に、EUの産業構造を転換し、グリーン、デジタル、サーキュラー・エコノミーという新たな成長分野における発展を目指す成長戦略でもある。今や、欧州グリーンディールは、復興戦略の中核に位置づけられており、欧州グリーンディールに焦点を当てながら、EUの将来について考えてみたい。

【開催前予習用参考資料】

<第1分科会>参考資料
  ・経済誌(隔月刊)『世界経済評論』2021年9/10月号(8月刊行) EU特集「コロナ禍欧州の飛躍:グリーン復興と“グローバル・ブリテン”」
 ・植田隆子編著『新型コロナ危機と欧州:EU・加盟10カ国と英国の対応』文眞堂、2021年
 ・金子寿太郎著『EU ルールメイカーとしての復権』日本経済新聞出版、2021年
   ・ 駐日EU代表部(2020)「EUの新型コロナコロナ禍からの復興を支える大規模な財政支出」EU MAG, Vol.80,
https://eumag.jp/behind/d1120/
  ・European Council (欧州理事会の公式ウェブサイト:随時更新)
https://www.consilium.europa.eu/en/policies/coronavirus/covid-19-economy/
  ・European Parliament (欧州議会の公式ニュース:各種情報へのリンクあり)
https://www.europarl.europa.eu/news/en/headlines/economy/20200513STO79012/covid-19-the-eu-plan-for-the-economic-recovery
 ・JETRO(2021)「新型コロナ危機からの復興・成長戦略としての「欧州グリーン・ディール」の最新動向」(2021年3月時点の情報だが、グリーン・ディールについてわかりやすくまとまっている資料)
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2021/01/331e9d95b330cf03.html


<第2分科会>参考資料

 
<第3分科会>参考資料
  ・「欧州全体の最新情報と分析」(『JFIR World Review(特集「欧州政治」のリアルー残された課題と日欧関係の行方)』Vol.4) https://www.jfir.or.jp/j/activities/reseach/pdf/210628wr4.pdf 
・欧州のインド太平洋戦略 フランスhttp://www.gfj.jp/j/panel/europe/210602wh.pdf  
・同  ドイツ http://www.gfj.jp/j/panel/europe/210528nt.pdf   
・同  イギリス http://www.gfj.jp/j/panel/europe/210527ac.pdf 
・youtubeセミナー記録 https://www.youtube.com/watch?v=VCNTwqN5epQ  
・同 EU http://www.gfj.jp/cgi/m-bbs/index.php?no=4500
・『アメリカとヨーロッパ』渡邊啓貴、中央公論新書
・「欧州に根強い不信感ーバイデン米政権、歴訪で目論んだ関係改善ー」渡邊啓貴、「金融財政ビジネス第10999号」2021年/uploads/files/20210728092100.pdf



<第4分科会>参考資料
 ・EU MAG
 脱炭素と経済成長の両立を図る「欧州グリーンディール」
 https://eumag.jp/behind/d0220/
  ・中西優美子『概説EU環境法』法律文化社、2021年
  ・蓮見雄「「欧州のエネルギー・環境政策の俯瞰―欧州グリーンディールの射程(前編)」
 ・『石油・天然ガスレビュー』55巻第2号
 https://oilgas-info.jogmec.go.jp/ebook/202103/index.html?pNo=1
 https://oilgas-info.jogmec.go.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/008/992/202103_01a.pdf 
 ・蓮見雄「「欧州のエネルギー・環境政策の俯瞰―欧州グリーンディールの射程(後編)」
 『石油・天然ガスレビュー』55巻3号
 https://oilgas-info.jogmec.go.jp/ebook/202105/index.html?pNo=1 
 https://oilgas-info.jogmec.go.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/009/042/202105_02a.pdf欧州グリーンディール」参考資料

【開催当日プログラム】

第1日目 9月25日(土)
10:00~11:00 開会・全体会
11:00~12:15 特別講演(駐日欧州連合代表部公使)・逐次通訳
12:15~13:30 昼休み
13:30~16:30 分科会討論1
16:30~17:30 中間報告
17:30~ 分科会討論
第2日目 9月26日(日)
  9:30~11:00 分科会討論2
11:00~12:30 最終報告
12:30 閉会・修了証授与(メール送付)

【EUセミナー企画委員】

太田 瑞希子(日本大学経済学部准教授)
押村 高(青山学院大学国際政治経済学部教授)
小久保 康之(東洋英和女学院大学国際社会学部長教授)
武田 健(青山学院大学国際政治経済学部准教授)
田中 素香(中央大学経済研究所客員研究員・東北大学名誉教授)
中西 優美子(一橋大学大学院法学研究科教授)
蓮見 雄(立教大学経済学部教授)
福田 耕治(早稲田大学政治経済学術院教授)
渡邊 啓貴(委員長・帝京大学法学部教授・東京外国語大学大学院名誉教授)

【お問い合わせ】

公益財団法人 大学セミナーハウス セミナー事業部
〒192-0372 東京都八王子市下柚木1987-1
TEL:042-676-8512(直)FAX:042-676-1220(代)
E-mail:seminar@seminarhouse.or.jp
URL:https://iush.jp/