セミナー・イベント

第39回大学職員セミナー「大学を牽引する職員を目指して―大学とスポーツを考える Ⅰ ー」
2019年7月5日(金)

日時 2019年7月5日(金)13時
募集対象 大学の教職員
募集人員 80名(先着順)
参加費 2,000円 ※セミナー終了後の情報交換会(参加自由)の会費は3,000円を予定しています。
会場 法政大学市ヶ谷キャンパス(ボアソナードタワー26階・スカイホール)
※交通案内はこちら
申込 こちらの申込みフォームからお申し込みください。
申込締切 2019年6月28日(金)
主催 公益財団法人 大学セミナーハウス
協賛 公益社団法人 学術・文化・産業ネットワーク多摩

趣旨

   東京オリンピック2020を目前にして、「スポーツ」への注目度がより高まりをみせています。そうした中で、自校のブランディング強化策として重点化を行う大学やスポーツアドミニストレーション組織の整備に取り組む大学、「スポーツマネジメント」を教育プログラムに積極的に活用しようと考える大学等、「スポーツ」と「大学」の関わりはより密接になっています。
 また、日本版NCAAと言われる「一般社団法人大学スポーツ協会」(“UNIVAS”)が設置され、多様な視点から様々な見解が述べられています。あらためて「大学」と「スポーツ」のありかたを見つめ直し、大学職員としてどのように関わっていくべきか、スポーツの持つ「健全性」や「素晴らしさ」をどのように大学の活動に結びつけていくかを考えたいと思います。
 このセミナーは国公私立の枠を越えた議論のできる数少ない機会です。皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

■講演
     「大学スポーツの現在」        法政大学経済学部 教授 杉本龍勇

杉本龍勇 教授

 UNIVASの創設に基づく体育会活動の方向性や、学生全体における体力低下に伴う今後の健康に関する懸念など、大学スポーツは大きな転換期を迎えている。そこで今後の大学スポーツが進むべき方向性についての私見を述べる。
 プロフィール
     
1970年静岡県生まれ。法政大学経済学部卒業、中京大学大学院体育学研究科博士課程単位取得満期退学。在学中に開催されたバルセロナオリンピックで100m走および4×100mリレーにアンカーで出場し、6位入賞、アジア新記録(38秒77)を樹立した。2010年に法政大学経済学部准教授、2011年に教授に就任、現在に至る。指導者としてもサッカー日本代表の岡崎慎司選手のパーソナルコーチなど精力的な活動を続け、スポーツ振興に努めている。

 

プログラム

■イントロダクション・問題提起
                              法政大学常務理事 近藤清之

■講演「大学スポーツの現在」
                                      法政大学経済学部教授 杉本龍勇
大学スポーツが大きな転換期を迎えている現在、今後の大学スポーツが進むべき方向性についてのお話を伺います。

グループワーク
問題提起と講演を踏まえ、自大学の現状と比較しながらテーマ(当日のご案内)に基づいたグループワーク(ワールド・カフェ形式)を行い、「大学を牽引する職員」を考えます。国公私立の設置形態や大学の成り立ちによって大学スポーツの位置付けやそこへの職員の関わり方、役割に違いがあることは容易に考えられ、結論の出る課題でないでしょう。しかし、同じ大学職員でありながら違う環境や立場で働く者同士が忌憚なく語らう中で、大学を牽引する職員の進むべき方向性を各自がイメージし、自大学に持ち帰って職場の改善に繋げていただくことを期待しています。
 

スケジュール

12:30 受付
13:00 イントロダクション・問題提起
13:30 講演
15:00 グループワーク
17:00 閉会
17:15 情報交換会

※変更することがあります

大学職員セミナー企画委員

近藤 清之 法政大学常務理事<委員長>
青木加奈子 高崎経済大学教育グループキャリア支援チーム
大久保陽造 中央大学入学センター入学企画課課長
加藤  毅 筑波大学大学研究センター准教授
黒田絵里香 慶應義塾塾監局総務部課長・協生環境推進室事務長

お問い合わせ

公益財団法人 大学セミナーハウス
セミナー事業部 
TEL:042-677-0141(直通)FAX:042-676-1220
〒192-0372 八王子市下柚木1987-1
Email: seminar@seminarhouse.or.jp