セミナー・イベント

公開教育講座
2018年8月18日(土)~8月19日(日)
(2日間の日帰りセミナー)

   私は「待つ」ことのできる教師(親)か
                 ――――子どもは、「扱われた」ように他者を「扱う」――――

講師:安積力也

  基督教独立学園高等学校 前校長
  日本聾話学校・恵泉女学園中高等学校 元校長
  敬和学園高等学校 元教頭
  著書『教育の力――「教育基本法」改訂下で、なおも貫きうるもの――』(岩波ブックレットNo.715)

趣旨

 「待てない」時代になった。「できるだけ早く、目に見える成果を!」の声が満ちている。親も教師も教育行政者も為政者も、「待つ力」を失ってしまった。
 そして、子どもや若者が異様に「素直」になった。「従順」になった。国全体の自殺率は下がっているのに、若者の自殺率は高止まりのままだ。若い世代の死因の第1が自殺なのは、先進国の中では日本のみ。
 いったい、何が起こっているのか。もしもその直接の原因が私たち親や教師の“在り方”にあるとしたら、今、私たちには何が問われているのか。
 キリスト教学校の教育現場を4つ生きる中で出会った生徒や親御さんの本当の「現実」と「真実」。そこを共に生きようとした私の、教師としての痛恨の失敗とそこから見えたもの。それをお話ししつつ、この問いを巡って、ささやかな問題提起をしたい。このセミナーを通して、この国の心ある教師の皆さんや親御さんの心に、真の子育てと「人間教育」への希望の灯が受け継がれていきますように。
 
 募集要項

  開催日:2018年8月18日(土)~19日(日)(2日間の日帰りセミナー)

  対象:①一般の教員
     ②教員免許状更新講習の受講希望者

  定員:50名

  申込方法:HPの下記申込フォームよりお申込みください。

  申込締切:8月10日(金)

  参加費:5,500円(1日目の夕食・懇親会費を含む)
  2日目の解散後の昼食を希望される方は、参加費5,500円に昼食代720円を加えた6,220円のお振込みとなりますので、ご注意ください。